水産振興ONLINE

「水産振興コラム」は、電子版の特徴を生かして、水産に関連する
短編やエッセイ、連載記事など、より幅広い内容の電子記事を掲載するページです。

最新刊
連載
水産振興コラム
水族館の飼育係と「食」との交わり
新野 大
(高知県立足摺海洋館 館長)
4

新潟県村上の鮭と日本で初のサケの博物館 “イヨボヤ会館”

2020年3月

大きな魚を丸のまま一匹使って作られる干物の代表は新潟県村上市で作られる “塩引き鮭” ではないだろうか。地方によっては、丸のままではないがサメやブリといった大型の魚を干すところもあるが、その容姿といい、美味しさ、ボリューム感と塩引き鮭は抜きん出ている。その塩引き鮭に出会ったのが、村上市の瀬波水族館で働いていた時だ。以前紹介させていただいたように、瀬波水族館の屋外にあったイルカショープールでは冬になると水温が下がり過ぎてしまうのでバンドウイルカの飼育が難しい。そこで毎年、11月の初めから千葉県...

つづきを読む