水産振興ONLINE

「水産振興コラム」は、電子版の特徴を生かして、水産に関連する
短編やエッセイ、連載記事など、より幅広い内容の電子記事を掲載するページです。

最新刊
連載
水産振興コラム
水族館の飼育係と「食」との交わり
新野 大
(高知県立足摺海洋館 館長)
1

僕の原点となった水族館で

2019年9月

生きた生き物たちを相手とする、水族館の飼育係として、新潟県村上市にあった株式会社瀬波水族館、青森県営浅虫水族館、大阪・海遊館の経験を経て、水族館の飼育係なのに水産生物を材料とした “食”、特に干物にのめり込んでいった経緯は、東京水産振興会発行の『水産振興』第507号「日本の豊かな海の幸 〜水族館と干物から見つめる〜」に書かせていただいた。

今回は、その後新しい水族館の開館に向けた構想をいろいろと手伝いながら、時間を見つけては日本各地を巡り、水産物にかかわる “食” との出会いを求めて回った成果を紹介したい。

つづきを読む