水産振興ONLINE
水産振興資料館
主要水産物の需給と流通 改訂版
事業報告書

主要水産物の需給と流通 改訂版

要旨

わが国の水産物流通は、取り扱う魚種や品目の数が大変多く、また鮮魚や活魚での国内出荷の他、加工原料用、輸出用、非食用向け(魚粉原料や漁業・養殖餌料等)といった様々な需要・用途があります。そのため、全国各地の多くの漁港には産地卸売市場が開設されており、日々水揚げされる水産物等が集荷され市場取引が行われる他、市場外流通や漁協系統共販等、多様な流通形態があります。

また、天然資源に依存する水産物の生産には季節的あるいは経年的な変動があり、水産物の需要についても地域により大きな差異(地域多様性)が見られます。それらの変動要因や地域性等を反映して、水産物の販売価格の動向や消費状況においても、それぞれ多くの特徴があります。

このように水産物の需給や流通は魚種ごとに多様な実態があるため、それらに関連する情報については、多岐にわたる関係者がそれぞれ断片的に知るのみである場合が多く、全体像を把握することが困難になっています。

そこで当会では、わが国の主要な水産物を対象として、それぞれの需給動向や流通特性等について関係する統計データ等と併せて簡潔にまとめた資料集として『主要水産物の需給と流通』を2004年に刊行いたしました。

本書はその成果を引き継ぎ、この間に大きく変化した水産物の需給や流通・消費の動向を反映した改訂版として2011年に刊行し、全国の水産関係者等に配布いたしました。その概要は下表のとおりで、水産物の需給や流通等について多くの知見を有する専門家の方々に分担執筆していただきました。なお、本書は2004年版から対象水産物を増やすとともに、一部の主要魚種・品目に関する基本的な統計データについては、巻末資料としてまとめて掲載しております。

「主要水産物の需給と流通 改訂版」概要
掲載内容 内訳
対象水産物 計26項目(魚類13、甲殻類2、貝類3、頭足類2、その他動物1、海藻3、魚卵2)
主な内容 全体概要、産地の動向(漁業・養殖生産、産地流通と加工)、貿易(輸入、輸出、海外マーケットの状況)、流通と消費(価格動向、流通、消費動向)
使用統計データ FAO Fishstat(世界の漁業・養殖生産)、漁業・養殖業生産統計、水産物流通統計、貿易統計、家計調査等
※ 掲載内容や統計データは水産物により若干異なっています。

目次

  • 総説
  • 1 マグロ類
    • (1) マグロ類(天然)
    • (2) マグロ類(養殖)
  • 2 カツオ
  • 3 サケ・マス類
  • 4 イワシ類
    • (1) マイワシ
    • (2) カタクチイワシ・シラス
  • 5 アジ類
  • 6 サバ類
  • 7 サンマ
  • 8 ブリ類(養殖)
  • 9 ヒラメ
  • 10 マダイ(養殖)
  • 11 フグ類
  • 12 キンメダイ
  • 13 ウナギ
  • 14 エビ類
  • 15 ズワイガニ、ベニズワイガニ
  • 16 アワビ
  • 17 ホタテガイ
  • 18 カキ
  • 19 イカ類
  • 20 タコ類
  • 21 ナマコ
  • 22 コンブ
  • 23 ワカメ
  • 24 ノリ
  • 25 スジコ・イクラ
  • 26 タラコ
  • 巻末資料(主要魚種・品目の統計データ)
  • 執筆者一覧

執筆者(所属)

  • 濱田 武士 (東京海洋大学)
  • 馬場 治 (東京海洋大学)
  • 鳥居 享司 (鹿児島大学)
  • 佐野 雅昭 (鹿児島大学)
  • 石井 元 ((社)漁業情報サービスセンター)
  • 緑川 聡 ((社)漁業情報サービスセンター)
  • 久賀 みず保 (鹿児島大学)
  • 三木 奈都子 ((独)水産大学校)
  • 松田 倫子 ((財)東京水産振興会)
  • 廣田 将仁 ((独)水産総合研究センター)
  • 宮澤 晴彦 (北海道大学)
  • 副島 久実 ((独)水産大学校)
  • 上田 昌行 ((株)水土舎)
  • 婁 小波 (東京海洋大学)
※ 所属は刊行当時のもの。敬称略・掲載順。

刊行

2011年

ダウンロード [PDF]

ステータス

冊子:在庫あり(資料請求フォームへ

関連する資料