水産振興ONLINE
水産振興資料館
浜の活性化に向けた取組事例 
ダイジェスト版
事業報告書

浜の活性化に向けた取組事例
ダイジェスト版

要旨

全国各地の浜(漁村地域)は、多くの魅力と可能性を持ちながらも、担い手不足や漁村人口の減少、魚価の低迷など数々の厳しい問題を抱えています。それらの状況を改善して浜を活性化することは、漁業者・漁家のみならず、広く国、地域の共通課題といえます。

全国の漁業者も、浜の活性化のために以前から様々な活動に取り組んでいます。それらの活動のうち優良な事例については全国漁業協同組合連合会主催の「全国青年・女性漁業者交流大会」(以下、「交流大会」)において発表、共有されています。また、国による支援策も拡充され、特に2014年からは漁業所得の向上を目指す漁業者による主体的な取り組みを支援する「浜の活力再生プラン」(以下、「浜プラン」)が進められています。

しかし、これらの取り組みのなかには継続・発展がみられる活動がある一方で、停滞・縮小へと向かう活動もあります。そのため、活動の持続的な発展のためには、個々の事例の特徴や課題などについてあらためて振り返りをし、成功要因などについての分析を行う必要があります。

そこで当会では、「交流大会」の受賞活動や「浜プラン」の活動など、全国の漁村で取り組まれている活動事例を調査・分析することにより、各地の取り組みをさらに効果あるものにするための条件を解明することを目的として、2015年度から2017年度の3か年にわたり標記の調査研究事業を実施いたしました。

本調査研究では下表のとおり、各年度でテーマ設定をして該当する複数の優良活動事例についてヒアリング調査などを実施し、委員会での討議を踏まえ、それぞれ報告書に取りまとめ刊行、公表しております。また、2018年度には、3か年の調査研究成果に基づき、特に参考となる25の事例をピックアップし、その概要や成功要因などを簡潔に整理した冊子「浜の活性化に向けた取組事例 ダイジェスト版」を取りまとめ刊行、公表しております。

調査研究概要
平成27年度 浜の水産物をいかに売っていくか(販売) 17事例(愛媛、山口、福岡など13都県)
平成28年度 漁村地域にいかに人を呼び込むか(交流) 10事例(徳島、鹿児島など8県)
平成29年度 漁村地域にいかに人を呼び込むか(交流) 10事例(新潟、富山など9道府県)
平成30年度 ダイジェスト版作成 25事例(新潟、高知、山口など16都道府県)

目次

  • 事例集の見方
  • I. 加工流通販売への取り組み事例
    • 未利用魚の利用で魚価低迷に倍返し「新鮮田布施たぶせ
    • 朝獲り魚の地産地消で儲かる漁業「Fresh室津」
    • 漁協直売所を利用し漁協青年部と温泉組合が連携「新潟県漁協岩船支所」
    • ひと手間かけて単価アップ「鹿渡島定置の『魚工房・旬』」
    • 地元の漁業とまちを元気にしたい「お魚工房『みなみ丸』」
    • 大阪府鰮巾着網漁協による生産・流通システムの再編
    • ブランド形成と食の提案力で勝負「どんちっち三魚」
    • 食育で魚食需要を創造する「八丈産おさかな研究会」
  • II. 体験漁業への取り組み事例
    • 漁業体験交流で地域を元気に「寿都すっつ町」
    • 漁業体験への取り組みで浜(上ノ加江)に活気を
  • III. 販売拠点の運営事例
    • III-1. 複合型の販売拠点
      • 水産物を核とする地産地消拠点モデル「道の駅萩しーまーと」
      • 上越漁協と「道の駅マリンドリーム能生」との連携
      • スーパーマーケット方式の地産地消拠点「道の駅むなかた」
      • 漁業と地域を盛り上げる「道の駅たるみず湯っ足り館」
      • カツオのまちの新たな玄関口「道の駅なぶら土佐佐賀」
      • 魚だけではない生鮮品で集客「江口蓬莱館」
      • 地元魚を売るために漁協は魚商になる「魚の駅『生地いくじ』」
      • 進化する浜の拠点、漁協直営「JF北灘さかな市」
    • III-2. 専門店型の販売拠点
      • 海の幸で地域に笑顔と賑わいを「株式会社三見シーマザーズ」
      • かあちゃんのパワーで浜に元気を「大洗町漁協直営『かあちゃんの店』」
      • 天然エビが特徴、芦北うたせ直売食堂「えび庵」
      • 不利な立地の加工販売拠点「加領郷魚舎かりょうごうなや
  • IV. 地域づくりへの取り組み事例
    • 「へしこの町」は女性たちのチャレンジから
    • 女性パワーでちりめんのまちを盛り立てる「和田島ちりめん市」
    • 地元食材をプライドに~地産地消よこすか物語~

取りまとめ

  • 田坂 行男 (株式会社ティーアールアイ 代表)
  • 堀越 久代 (株式会社ティーアールアイ 副代表)

刊行

2019年

ダウンロード [PDF]

ステータス

冊子:在庫あり(資料請求フォームへ

関連する資料